お急ぎの方はお電話で


ブログ|神戸の結婚写真・フォトウエディングスタジオTVB神戸ハーバーランド

Blog
- 神戸ハーバーランド店ブログ -

ロケシーズンですね・・・。

2014年6月24日

studio tvb kobe 高山です。

 

新緑が凄く綺麗になり、気候的にも過ごしやすい日々が続いています。

緑と海と夕日を撮って欲しいとのご依頼を頂きまして、行って参りました。

01

 

09 08 07 06 05 04 03 02

 

 

天気にも恵まれ、楽しく撮影をする事が出来ました。

時間もあっと言う間に、過ぎてしまい夕暮れの夕日撮影に間に合うかどうか心配でしたが
何とか間に合い、みんなでホッとしましたね・・・。

ご新婦様は、遥々東京からお越し頂きまして大変お疲れだったかと思います。

式までのお時間も、二人楽しんで進めて下さいね。

 

写真を手にとって

2014年6月8日

 

RK001 RK002 RK003 RK004 RK005 RK007 RK006 RK008 RK009 RK010 RK011 RK012 RK013

 

皆様こんにちは、神戸店の木下です。

 

今日は「アルバム」のお話です。

 

 

皆様は、幼稚園や保育園、小学校・中学校・高等学校・・・

その時代のアルバムは最近いつご覧になりましたか?

 

もし良かったら、今日この記事をご覧頂いたことをきっかけに、見返してみて下さい

撮影された時間に、一気にさかのぼることができると思います。

 

周りの空気、匂い、温度。

一気に蘇りませんか?

たとえば、横に写る友達とこの時ケンカ中だったな・・・とか。

この写真を撮ったとき、なかなかシャッターを押してもらえずにイラっとしたな・・・ とか。

 

 

まずはこの写真の持つ記憶を蘇らせるという不思議な力に気づいて頂けると思います。

そして手の中にある『アルバム』がその世界を展開しているということにも。

 

 

 

最近はコンパクトデジカメでも、とってもキレイな写真がお手軽に撮れる時代になりました。

ましてや、スマートフォンでも、本当にキレイな写真が撮れてしまいます・・・

私たちがちょっとヤキモチを焼やいてしまうぐらいにです。

 

でも、私たちは「誰でも撮れる写真」とは違う写真が撮れることに自信と誇りを持っています。

そんな私たちは、メイクスタッフが全力でそれぞれに合ったヘアメイクで新婦様をキレイにさせて頂いて、衣装をきれいに着て頂いて、そして感性を解放したカメラマンの、チームが全力でお二人を撮影させて頂いております。

 

当然のことながら、撮影する機材はプロ機ですので髪の毛一本までくっきり写ります。

 

ここで少しお話が逸れますが、私達が普段使っているプロ機、もちろん多少は奇麗に撮れるコンピュータを搭載していますが、コンパクトデジカメとのおおきな違いは、「どこまで設定が細かくできるか」なんです。

つまり、だれがシャッターを押しても同じ写真が撮れる機械を、どこまで「よりキレイに、より美しく魅せる」ことができるか。

そこの世界で私達は生きているわけです。

 

とにかく、私たちの会社は「写真」に全てを注いでいます。

 

そんなお渡しする写真、是非アルバムとしてもいつまでもお持ち頂ければと思っています。

データとしてタブレットなどに入れて観て頂けるのも、私たちはいつまでも色褪せないのでとても嬉しいと思っています。

でも、もっと嬉しいのは「アルバム」として是非お二人の宝物の中に加えて頂けること。

お子様の時代から始まるアルバムの列に、それぞれ違うルートを歩まれたお二人が一緒に写る1つのアルバムとして。

 

その重たい意味を持つ、大切な宝物にしてもらえるように、私たちは日々全力です。

 

毎日開くものではありません。

ずっと持ち運ぶものでもありません。

 

ですが、「アルバム」は、「宝物」に必ずなります。

お二人が出会い、結婚を決め、そして大きなポイントに差し掛かった時の状況が、この先何年たっても開いて頂く度に、そこに展開されます。

 

 

今日掲載させて頂きますお写真も、そんなお二人の宝物になるべく撮影したほんの数カットです。

その日の気持ちや感じた事はデータで分刻みに見て頂く事ができます。

合わせて、そのダイジェストをアルバムにして、是非宝物として代々受け次いで頂けますことを信じております。

 

そんな誇りを持ったスタジオTVBを、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

長い文章になりましたが、最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

 

お二人の笑顔に出会える日、心からお待ちしております。

 

 

スタジオTVB神戸店

スタジオマネージャー/フォトグラファー

木下 令